Learning Match Season - 学びを目的とした特別ルール採用-

各節別々のテーマのもと試合を開催

 

各節のLearning Themaはこちら

 

MATM Season

試合(Match)→分析(Analysis)→練習(Training)→試合(Match)にフォーカス

自分たちのバスケの遂行力向上

 

年代指定のあるセットを5セット戦う制度を採用。すべてのセットにクラッチタイムがあり、ゲームオープニングの緊張とゲームクロージングのハラハラドキドキの経験を全員に提供。また、タイムアウトの重要性の理解と下級生の出場時間減少を軽減することも目的としています。

 


必ず全員が出場するルールを採用。タイムシェアによる全員バスケがプロの世界でも主流となってきている中、4Qを通した体力の温存を考えず、全力を注いでプレーする習慣づけをつけるとと同時に、コーチもタイムシェアでのゲームを戦う経験を養います。

 

学校教育のカテゴリー分けとは違った、バスケットボールという競技の特性とジュニア期の成長を鑑み、独自の年代分けで3つのリーグを創設。それぞれの年代に必要なルール設定をし、各年代の選手が成長できるリーグ設計をしています。

 


 

 

『bj DEVELOPMENT LEAGUE』では、独自ルールでの試合機会を創出することで、育成年代の選手が試合を通して成長することを目的として開催しております。最高学年や早熟選手のみが活躍することなく、登録選手全員が主役となれる試合環境を整えております。


▼第四節 ハイライト動画



▼第二節 ハイライト動画


▼第一節 ハイライト動画