代表理事挨拶


 

 株式会社日本プロバスケットボールリーグは、地域密着を合言葉に、3つの理念を掲げ、2005年に日本初のプロバスケットボールリーグ『 bjリーグ 』を設立いたしました。リーグ創設から11シーズンに亘り、多くのブースター、スポンサー、株主の方々に支えられながら、野球・サッカーに次ぐ第3のプロリーグとして確固たる地位を築き上げる事が出来ました。この場を借り皆様に御礼を申し上げたいと存じます。

 

 この度、リーグの改革ということで2016年秋より新たなプロリーグ『B.LAGUE』が開幕いたします。bjリーグに加盟していた23チームが、この新たなプロリーグに加盟することになり、日本初のプロバスケットボールリーグ『bjリーグ』の1つの役割を終えることになりました。

 今後の展開と致しましては、bjリーグで培ってきたナレッジを活用し一般社団法人バスケットボールジャパンアカデミー(旧 一般社団法人bjリーグアカデミー)が、「スポーツを通した地域活性化と社会貢献活動(bjハーモニー)」につきまして、引き続き事業を継続して参ります。

 

 『世界最高峰のリーグで活躍する選手を育てる。』を最大ミッションとし、東京オリンピック世代である中学・高校生はもちろんのこと、キッズやジュニアの段階から一貫指導を実施するスクール事業を全国で展開すると共に、地域と地域の連携を図ることを目的とし、各年代別の大会を開催します。

 

 最後に、今後は我々の強みである「スポーツ文化の創造」と「普及・育成」に特化し、JBA並びにB.LEAGUEとも連携していきながら日本のバスケット界の発展に寄与して参りますので、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

 

一般社団法人バスケットボールジャパンアカデミー

代表理事  東 英樹